【ファクトチェック】「毎日新聞の世論調査の合計が100%を超えている」はミスリード。Dappiが2020年12月13日に投稿


トップの画像はTwitterより
対象言説

2020年12月13日、Twitterアカウント「Dappi(@dappi2019)」は、毎日新聞が過去の世論調査の結果を改竄していると示唆する以下のツイート⑴を行った。

「【毎日新聞世論調査】

菅内閣を支持する:40%

菅内閣を支持しない:49%

答えない:12%

合計が100%を越える毎日新聞の世論調査。なぜこういう結果になるのでしょう?もしかして数字をいじってませんよね?」

image (64)

今回は、「毎日新聞の世論調査の合計が100%を超えている」という言説をファクトチェック対象とする。

選定理由

Dappi(@dappi2019)は約17.8万フォロワーがいるアカウントで影響力が高い。このツイートも2022年3月10日現在、7453件のリツイート、512引用リツイート、1.9万いいねを獲得している。

これらのツイートのリプライ欄を見ると、「いじってます」「捏造新聞」など、当該ツイートの内容を事実だと信用し、毎日新聞やメディアに対する誹謗中傷を行うユーザーもいた。その一方で「四捨五入しただけでしょ」といった指摘もある。

本当に「毎日新聞の世論調査の合計が100%を超えている」という事実はあるのか。今回、この言説を検証する必要があると考えた。

判定
毎日新聞の世論調査の合計が100%を超えている=誤り
判定理由

調査に先駆けて、本ツイートで言及されている毎日新聞の記事⑵を確認したところ、「※数字は%、小数点以下を四捨五入。0は0.5未満。無回答は省略」との注意書きが記されていた。

事実関係を明らかにするため、2021年12月26日、毎日新聞社に問合せフォームを介して世論調査の正確な数値について問い合わせた。以下は2022年1月11日に、毎日新聞社から得た回答だ。

「1000サンプル程度を母数とする確率標本において、パーセンテージの小数点以下の数値は統計学的に分析する意味を有さないことから、四捨五入して表記しております。そのため単純に合計すると100%を超える場合がありますので、ご留意ください。例えば 1.5%+1.5%=3% ですが、四捨五入した数値で足し算すると2%+2%=4% となってしまいます。」

つまり、毎日新聞社の回答によれば、表記された数値は統計学的観点から四捨五入されたものであり、単純に合計すると100%を超える場合がある。表記上100%を超えていても、調査結果そのものは100%を超えている訳ではないということだ。したがって、「毎日新聞の世論調査の合計が100%を超えている」という言説はミスリードである。

脚注

(1)Dappi、Twitter、2020年12月13日
https://twitter.com/dappi2019/status/1337943465787752448?s=20&t=K2gpqX09OymkyAyeHe5r_A

(2)毎日新聞「菅内閣不支持率49%、初めて支持上回る コロナ対策評価せず62% 毎日新聞世論調査」2020年12月12日

https://mainichi.jp/articles/20201212/k00/00m/010/163000c

*最終アクセス日は2022年3月10日

運営責任者=瀬川 至朗

調査・記事担当者=杉江隼

WaseggはFIJ(ファクトチェック・イニシアティブ)のメディアパートナーであり、この記事ではFIJのClaim Monitorの情報を活用しています。

レーティング(判定)はFIJが策定した基準(下記参照)を用いています。

FIJレーティング