早稲田とのつながりを重んじるカフェ「Café Clio」

 

優雅なクラシック音楽をBGMに、こだわり抜かれたコーヒーとケーキを楽しむ。せわしい世間から離れて自分の時間を過ごすことができる。今時めったに出会えない静かなカフェがあるのは−−早稲田大学の中、1号館1階だ。その名もCafé Clio(カフェ クリオ)。早稲田とのつながりを重視した店作りを心がけている。(取材・執筆・写真=清水未来)

 

 

1号館にカフェ?
IMG_1854
静かな店内。落ち着いた雰囲気だ。

そもそも1号館にカフェがあることを知っている早大生はどれくらいいるのだろうか。「1号館って工事していていなかったっけ」「いつの間にカフェができたの」。そんな疑問を抱く人もいるだろう。

「今年の3月ですね」。問いかけに優しく答えてくれたのが、Café Clio店長の手串充利さん(30)だ。

半年以上にわたった改修工事の結果、1号館1階に、早稲田大学の歴史を資料や映像で学べる早稲田大学歴史館[i]が開館した。歴史を司るギリシャの神話の女神Clioの名がつけられたCafé Clioは、歴史館を回ったあとの観光客や校友が一息つける場所をコンセプトにつくられた店だという。白と茶色の調度品で揃えられた店内は格調高く、たしかにゆったり過ごせそうだ。

 

 

珈琲研究会とともに
Café Clio店長の手串さん。カウンターの上には珈琲研究会のタペストリーがかかっている
Café Clio店長の手串さん。カウンターの上には珈琲研究会のタペストリーがかかっている

ふとカウンターの上に飾られたえんじ色のタペストリーに目が止まる。見れば、「早稲田大学珈琲研究会[ii](以下珈琲研究会)」の文字。「せっかく大学の中に作るんだから、学生の協力であったりと、学校と深く関わるような形でお店を出したいな」と思った時に出会ったのが、珈琲研究会だったという。

 

 珈琲研究会とは、早稲田大学のサークルだ。コーヒー好きの学生が集まって、カフェ巡りをしたり、早稲田祭などに出店したりしている。現在その珈琲研究会に所属する学生の20人ほどがアルバイトとしてCafé Clioの営業に携わっており、珈琲研究会独自でブレンドしたコーヒーの提供も行う。

お店に来る前は「コーヒー自体もインスタントばっかりだったので、本格的に淹れる経験はありませんでした」と手串さんは笑った。珈琲研究会に教えてもらいながら入れ方を学んだという。「まだまだですがちょっとずつコーヒーに詳しくなってきましたね」

 

 

こだわりのコーヒー

 コーヒーの種類は3つ。大隈重信ブレンド、早稲田大学歴史館ブレンド、そして珈琲研究会ブレンドだ。それぞれ何が違うのか。

大隈重信ブレンドは、大隈重信が輸入に貢献したブラジル豆を使用しており、早稲田大学歴史館ブレンドは、歴史館という名前の重厚さを演出した苦味の強いものだそうだ。珈琲研究会ブレンドは、多くの人に馴染むような飲みやすい味を追求したという珈琲研究会特製のオリジナルブレンドだ。

コーヒーはポットで提供される。 カップ2杯相当で700円
コーヒーはポットで提供される。
カップ2杯相当で700円

こだわるのは豆だけではない。その淹れ方や提供の仕方にもこだわっている。その場で豆を挽いてなるべく香りの高いうちに、ハンドドリップでゆっくりとお湯を注ぐ。お客さんに提供する前にひとくち味見をし、本来の味が出ているか確認する。

最後に様々な種類を取り揃えているコーヒーカップの中から、お客さんの雰囲気に合わせたものを選んで提供するとのこだわりようだ。

 

 

 

早稲田とのつながり

珈琲研究会との関係に代表されるように、Café Clioが重視しているものが、早稲田大学、そして早稲田地域とのつながりである。

コーヒーと一緒に頼むことのできるケーキも、早稲田通りにあるケーキ屋Anniversary[iii]から仕入れている。「早稲田大学にちなんだものをと思い、『早稲田ロール』と他に2種類のケーキを用意しています」。

落ち着いた雰囲気のせいか、学生の利用はまだ少ない。今後は学生も利用しやすくなるよう、軽食のメニューを増やしていく予定だ。

「場所がなかったりゆっくり時間を過ごしたいときに足を運んでもらえればな」。手串さんは微笑む。「勉強してもいいし。おしゃべりしてもいいし。2時間いてもらっても全然構いませんよ」

 


[i]https://www.waseda.jp/culture/about/facilities/rekishikan/

[ii]http://kohiken.blog53.fc2.com

[iii]https://www.anniversary-web.co.jp/shop/waseda

 

【追記】

2018年7月17日   写真(キャプション=「静かな店内。落ち着いた雰囲気だ。」)を 1枚追加しました。